暗い所だと光不足でものが見えづらくなりますが、より瞳孔が開くため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに余分な力が使用され、日の差す場所でものを眺めるより疲れやすくなるのです。

骨折して大量出血してしまった状態だと、急に血圧が降下して眩暈やふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、立っていなくても起こる意識消失などの不快な脳貧血が出ることがあります。

日々の折り目正しい日常生活、満腹になるまで食べないこと、楽しい体操など、アナログともいえる自分の身体への取り組みが皮ふの老化防止にも関わっているということです。

子どもの耳管の仕組みは、大人のそれと比較すると太い上に長さがなく、加えて水平に近いため、バイキンが侵入しやすくなっているのです。

大人より子供の方が急性中耳炎を発症しやすいのは、この事が関わっています。

学校等の大勢での団体生活をしている中で、花粉症が主因でクラスの皆と同時に思いっ切り身体を動かせないのは、本人にとっても寂しいことです。

気分障害の一種であるうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、不眠、強い憂うつ感、強い疲労感、食欲の低下、体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図など様々な症状が見られます。

下腹部の激痛を起こす病には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、女性特有の病気等の病名がみられるようです。