グラスフイバーで作製されたギプスは、非常に強くて軽量で耐久性があり、雨などで濡らしてしまってもふやけずに使用できるという特長があるので、現在の日本のギプスの中でも主流と言っても過言ではありません。
寝姿を見ることなどで、入居者さんが動物を可愛らしいと感じることによって「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されて、ストレス軽減や精神の癒しなどに繋がっています。

めまいは起こらないのに、不愉快な耳鳴りと難聴の症状のみを幾度も発症する症例のことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病(Cochlear Meniere's Disease)」という名前で診断する事がよくあります。

ビタミン欠乏症である脚気の症状は、両手両足がしびれたり下肢の浮腫などが中心で、発症から時間が経つと、残念なことに、呼吸困難に至る心不全などを誘発することがあるのです。

体を動かすのに必要なエネルギーの源として瞬時に機能する糖、新陳代謝に必要な蛋白質など、過度のダイエットではこんな様々な活動を維持するために欠かせない栄養成分までもを減らしてしまっている。
内臓脂肪の多い肥満が確認されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、高血糖のうち2項目か3項目全てに相当するような状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と称しているのです。