患数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい疲労感、食欲不振、体重の減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの辛い症状が2週間以上続くのです。

常在細菌のブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒の非常に強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と一方は毒力がきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類があるのです。

日光に当たると生成されるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを助長する特質が特に有名で、血中の濃度を操作し、筋繊維の動き方を適切に調整したり、骨を作り出してくれます。

めまいが起こらず、しつこく不快な耳鳴りと難聴の症状のみを何回も繰り返すケースのことを区別して「蝸牛型メニエール氏病」という病名で呼ぶケースもあるということはあまり知られていません。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康な場合でも出現することがあるのでさほど珍しい心臓の障害ではないにせよ、短期間で発作が繰り返して起こるケースは楽観視できないといえます。

薬、アルコール、科学的に合成された食品への添加物などを特殊な酵素によって分解して無毒化する働きの事を解毒(げどく)と称しており、肝臓が果たす代表的な役目の一つなのです。